お墓の違い

お墓の違い

日蓮宗の歴史とお墓について

日蓮宗は、武士階級の世の中が定着した鎌倉時代中期に、日蓮聖人(にちれんしょうにん)が新たな宗派を説きました。

日本における仏教の各宗派で日本人の宗祖の名前を用いてつけられた宗派は日蓮宗だけです。日蓮聖人の存在と影響した教義の大きさを感じますね。

日蓮宗は法華経とも呼ばれます。日蓮宗とよばれるようになったのは江戸時代からだそうです。お釈迦さまの教えの中でも法華経こそが絶対的な最高の教えとされています。

実際に存在したお釈迦さまは、永遠の昔に悟りを開いた仏さまの姿として自身を説き、法華経を示されたため、日蓮宗では法華経をよりどころとされた宗派となったそうです。

法華経の魂やお題目に込められた日蓮聖人の教えをもとに信仰に励み、広宣教化することで、世の中の平和や幸福、個人の幸せにつながっていけるという考えの教えです。

不動産投資 節税 不動産投資 失敗 不動産投資 利回り
不動産投資 ローン 不動産投資 物件 不動産投資 東京 不動産投資 神奈川
不動産投資 リスク 不動産投資 セミナー 不動産投資 収益物件 不動産投資 アパート マンション投資


みなで一斉に法華経のお題目「南無妙法蓮華経」を唱えることは法華経に教えに帰依することであり、教えの信仰を高めそれがなによりの修行とされています。悟りへの努力はまず自分の本来の在り方に目覚めるときといいます。

釈迦は「今この三界は、皆これわが有なり」「衆生として無上道に入り、速やかに仏身を成就することをえせしめん」と示しています。このことばに開眼された日蓮聖人はみなの仏身を目覚めさせるために一生を捧げられたとされています。

さて日蓮宗は、関東、東海、北陸、近畿、中国の諸地方の発展が顕著だったため、有力商人や地方武士たちの間で勢力を広げましたが、他の宗派を攻撃するという積極的な伝道方法をとったため、宗論を起こし争いになることもあったようです。

中でも織田信長の指示のもとに起こされた“安土宗論”は有名で、“天文法華の乱”も宗論がきっかけで起こった宗教戦争でした。日蓮宗の唱え言葉は「南無妙法蓮華経」ですので、お墓の正面にも「南無妙法蓮華経」と刻みます。

しかし、その他のタイプとして「妙法○家代々」や「妙法○院○日○居士(大姉)」と入れることもできます。日蓮宗では戒名のことを法名と呼び、法華経信仰に入った人に与えられる称号です。法号は、院号、道号、日号、位号の順序です。院号はその昔は貴人にのみ使われていましたが今では一般的になりました。

日蓮宗において“日”の文字が入るか入らないかは日蓮宗の信者かどうかのけじめとなるため重点を置かれています。道号は、仏道に入信したことを示すものになります。


残業代 横浜市町田 ゴルフスクール

中古マンションの購入には必ず必要なのが
良心的な不動産屋さん。
中古マンションの購入なら
さくらエステートがオススメです。


Calendar